facebook twitter rss
個人再生物語

第十章 個人再生に必要な書類

第十章 個人再生に必要な書類

弁護士 それでは、個人再生の申し立てに必要な書類の説明をしますね。
おおむねお持ちの財産に関する資料となります。
松山田さん 財産の資料ですか。保険や退職金のことで少し落ち込んでいますが、いったいどんな項目があるのやら、です。
弁護士 そんなに落ち込まないでください。もし財産があったとしても、どんな評価がつく財産かわからないじゃないですか。
ひとくちメモ
個人再生も、自己破産も、必要書類の中心は、財産に関する資料です。その他の書類は、裁判所に対する個人再生に至った経緯の説明書(陳述書といいます)が、比較的重要な書類となります。

☆個人再生に必要な書類☆

1.住民票

2.委任状

3.通帳(2年分)

4.給与明細(2~3ヶ月分)

5.源泉徴収票

6.退職金見込み証明書(証明書でなくてもかまいませんのでご相談ください)

7.保険証券と保険解約返戻金が分かる書類

8.有価証券類

9.不動産登記事項証明書

10.不動産の査定書

11.賃貸借契約書(不動産を借りている場合)

12.住宅ローン契約書

13.住宅ローンの保証委託契約書

14.住宅ローンの償還表(支払予定表)

15.車検証

16.自動車の査定書

17.年金などの公的受給額が分かる書類

18.家計全体の状況(2~3ヶ月分)

19.陳述書

※その他、個別的事情によりほかの書類が必要となる場合もあります。

2013年02月07日
関連する記事
Copyright© 2010 Simple Box All Rights Reserved.