個人再生 よくある質問

給与所得者に相当するかどうかの目安は何ですか?

小規模個人再生より再生計画の立てやすいのが給与所得者等再生です。(個人再生の中の給与所得者等再生はどのような人が利用するのですか?参照)

具体的に当てはまるかどうかの計算方法です。おもな条件となる「収入の変動が少ない」ことの具体的な例としては、前年の年収と比べて20%以内であることが目安になります。一例として、去年の年収が400万円の場合、現在の年収が320万円から480万円見込めれば大丈夫です。

普通の社員であればまず問題ないといえます。当てはまる就業形態についてはどのような職業が給与所得者等再生に相当しますか?を参照してください。

2012年03月08日
関連する記事
個人再生は相談無料・着手金ゼロ 個人再生物語
Copyright© 2010 Simple Box All Rights Reserved.