個人再生 よくある質問

住宅資金特別条項において貸主の同意を必要としない場合は?

住宅資金特別条項を申立てる際に、(住宅ローンに関する特則制度とは何ですか?参照)貸主の同意を必要とする場合と、必要としない場合があります。以下の条件に当てはまる場合、同意不要と法律で定められています。

この他に、そのまま型と呼ばれる場合があります。個人再生の申立て時に住宅ローンの支払いについてはそのまま続けることへの許可を求める(弁済許可の申立て)必要があります。再生手続が始まると、返済が禁止されているからです。

2012年06月22日
関連する記事
個人再生は相談無料・着手金ゼロ 個人再生物語
Copyright© 2010 Simple Box All Rights Reserved.