個人再生 よくある質問

住宅ローンに関する特則制度とはなんですか?

借金整理法の一つですが、自宅を手放さなくてもよいことを可能にする制度で、民事再生法の中の”住宅資金貸付債権に関する特則”とよばれています。

住宅ローンの返済が難しくなってしまった場合、住宅資金特別条項を個人再生計画案に含めて申立てます。その再生案が裁判所によって認可されると、住宅ローンに関して期限猶予を得ることができます。裁判所決定なので、貸主の意思にかかわりなく手続きが行われます。

小規模個人再生、給与所得者等再生のどちらでも申立てが可能です。

2012年03月20日
関連する記事
個人再生は相談無料・着手金ゼロ 個人再生物語
Copyright© 2010 Simple Box All Rights Reserved.