任意売却 倒産専門の弁護士が解説
Part.1 住宅ローンが支払えない!

1.住宅ローンが支払えない

最近,住宅ローンの支払に困っているお客様のご相談を受けることが増えています。

ここがポイント!

住宅ローンが支払えないというのは,いわば結果ですが,どうして住宅ローンが支払えなくなったのか,という点が非常に重要です。

倒産法(一般的には「債務整理」と呼ばれますので,以下「債務整理」といいます)の観点からすると,住宅ローンが支払えなくなった原因が一時的なものなのか,今後も支払える見込みがないのかという点をよく吟味して,今後の方針を決めていくことになるからです。

住宅ローンが支払えなくなった事情を整理しますと以下のようなことが挙げられます。

  • 給料が減った
  • ボーナスがカットされた
  • 失職した
  • 病気になって仕事ができなくなった
  • 家族が増えて,生活費が増えた
  • 住宅ローン以外の借金が増えてしまった
  • 金融円滑化法を利用したが,猶予期間が終了して支払が苦しくなった
  • 住宅購入直後から,住宅ローンの支払が厳しい

2.解決策

住宅というのは,洋服や小物などと異なり,家族が一緒に人生を歩んでいくいわば代名詞です。そんな住宅を簡単に手放したくないという気持ちは本当によく分かります。

そこで、以下のような順番で考えていくことになります。

任意売却 倒産専門の弁護士が解説

3.理由によって異なる解決策

住宅を守れるか(守るべきか),住宅は手放すべきかを判断するにあたって重視すべきなのは,住宅ローンが支払えなくなった理由が重要であることは前述したとおりです。

そこで,具体的に考えてみましょう

1.一時的に住宅ローンが支払えない場合

このような場合は,今後住宅が支払える可能性がありますから,何とか住宅を守るように策を講じるべきです。

  • 住宅ローン会社(銀行など)と協議して,条件変更をしてもらう
  • 個人再生を利用して今後の支払について協議する

ということになります。個人再生についての利用方法は別章をもうけますので,そちらをお読みになってください。

2.今後住宅ローンが支払えない可能性が高い

このような場合は,残念ながら住宅をあきらめなければなりません。
しかし,ものは考えようです。苦しい住宅ローンを今後も継続するより,住宅を思い切って手放して,言っては失礼ですがもっと気持ちの良い賃貸物件を探して幸せになることが良い場合もあります。

  • 任意売却
  • 競売

そして,その後に残った住宅ローンの残金は

  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生

という方法で処理していくことになります。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 次のページ

ご相談・来所予約はこちらから

個人再生に関するお問い合わせや住宅ローンの返済に関するご相談。借金の取立てや毎月のやりくりにお悩みの方など、どんなことでもお気軽にご相談ください。
個人再生(借金問題)についてのご相談は何度でも無料です。遠方のお客様も多くいますので、首都圏以外にお住いの方も是非一度お問い合わせください。

今なら土日祝日も無料電話相談受付中
0120-750-020

ページトップへ
Copyright© 2010 Matsubara・Yamada Law Office All Rights Reserved.