任意売却 倒産専門の弁護士が解説
Part.5 任意売却後の残金の処理

~任意売却と破産はいわばセットだ~

任意売却が成功したとしても、多かれ少なかれ住宅ローン等の残金をどうするかの問題があります。

ここがポイント!

この金額が一切支払えない場合、自己破産の申立を行うことになります。
すなわち、通常は、自宅を守りたいという一心で自己破産を避けるわけですから、逆に自宅を失った場合には、いってみれば自己破産を避ける理由がなくなると考えられるわけです。
実は、債務整理のご相談でお越しになるお客様が一番心配している点はここにあります。「自宅は失うのは仕方ないとしても、残った住宅ローンを支払うことはできません」とおっしゃるわけです。
そんな場合は、「そうなっても困らないために、事後的に自己破産をするのです。そうすれば、今後は一切の支払を免除してもらい、新たな人生が歩めます」と説明しています。

任意売却後

ただし、どうしても自己破産を避けたい事情があるお客様の場合は、残金を分割払いする任意整理や、全部とは言わないまでもある程度の部分を免除してもらう個人再生という方法をとることもできます。

個人再生と住宅ローンについて

  1. 前のページ
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6
  6. 7
  7. 次のページ

ご相談・来所予約はこちらから

個人再生に関するお問い合わせや住宅ローンの返済に関するご相談。借金の取立てや毎月のやりくりにお悩みの方など、どんなことでもお気軽にご相談ください。
個人再生(借金問題)についてのご相談は何度でも無料です。遠方のお客様も多くいますので、首都圏以外にお住いの方も是非一度お問い合わせください。

今なら土日祝日も無料電話相談受付中
0120-750-020

ページトップへ
Copyright© 2010 Matsubara・Yamada Law Office All Rights Reserved.