任意売却 倒産専門の弁護士が解説
Part.4 任意売却後

~次に住む幸せになれる家を探す~

任意売却を行うと、当然自宅を失うことになるわけですから、次の住居を探さなければなりません。

ここがポイント!

ここで重要なのは、その後の人生が良い方向に向くような賃貸物件を探すことです。
せっかく住み慣れた自宅を処分するのですから、そして(場合によって)せっかく自己破産をして人生をやり直そうとするわけですから、その後の人生が良い方向に向いていかなければ意味がありません。

そこで、おすすめなのは、任意売却を依頼した業者に、次に住む家も探してもらうことです。この点、そのようなことが面倒だというそぶりを見せる業者には、そもそも任意売却を頼まない方が良いでしょう。弁護士もそうですが、いかにお客様に幸せになってもらえるかということを基準として仕事をしなければ、結果的に良い仕事はできないのですから。

そして、引っ越しのタイミングとしては、できれば任意売却後が良いと思います。これは通常引っ越し代として、担保権者が30万円程度の引っ越し代を出してくれるケースがあるからです。ただし、先に引っ越しができる程度の金額があるのであれば、あえて引っ越し代をめあてにしなくても良いかも知れません。気持ちの良い賃貸物件が見つかれば、引っ越し費用よりもすぐに引っ越す価値があるというものです。

  1. 前のページ
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 次のページ

ご相談・来所予約はこちらから

個人再生に関するお問い合わせや住宅ローンの返済に関するご相談。借金の取立てや毎月のやりくりにお悩みの方など、どんなことでもお気軽にご相談ください。
個人再生(借金問題)についてのご相談は何度でも無料です。遠方のお客様も多くいますので、首都圏以外にお住いの方も是非一度お問い合わせください。

今なら土日祝日も無料電話相談受付中
0120-750-020

ページトップへ
Copyright© 2010 Matsubara・Yamada Law Office All Rights Reserved.